就職活動

就活中に好印象な髪型とは?髪型のポイントやおすすめのヘアスタイルを紹介!

就活中に好印象な髪型やおすすめのヘアスタイル集!

就活中に好印象な男性の髪型とは?髪型のポイントやおすすめのヘアスタイル

就活中の髪型のポイント(男性編)

就活中の男性におすすめする髪型のポイントは、やはり何と言ってもナチュラルな黒髪が基本となります。
ナチュラルな黒髪は清潔感がありますし、髪を染めるのが当たり前の時代において、素材の良さを活かす方向は就活の強みになるでしょう。
さらにいえばおでこと耳周りを出すこと、控えめにスタイリング剤を使用して整えるのもポイントです。
おでこと耳周りを出す理由も清潔感にあって、更に爽やかでフレッシュな印象が与えられます。
前髪が長いとむさ苦しい印象を与えかねませんし、耳が髪で隠れていると、まだ学生気分が抜けていないのかと思われがちです。
つまり、前髪も耳周りも短めの方が良いのは間違いなく、より積極的に出していくくらいがちょうど良いわけです。
控えめにスタイリング剤を使用するのは、髪型をセットしてベストなスタイルをキープするのが目的です。
折角良い印象を与えることができても、乱れてしまうと印象が変わりますし、決まっていた髪型が崩れれば逆にだらしない印象を与えてしまうので、それを避けることが大切です。

おすすめの就活メンズヘアスタイル

就活中の男性におすすめのメンズヘアスタイルの1つは、毎朝のセットが楽な刈り上げショートです。
刈り上げショートはスポーツマンにも人気で定番の髪型で、おでこも耳周りも出して清潔な印象が与えられるのが特徴です。
ショートなので、短さをキープする為にこまめにカットすることは必要ですが、その点を除けばスタイリング剤で整えやすく、シャンプーなどのお手入れも簡単なのが魅力です。

前髪を上げるアップバングは、おでこを出す清潔感に加えて、柔らかさや上品な印象を与えられることからおすすめです。
他の髪型と比べて髪の長さが少し長く保てるので、多少伸びてもだらしない印象を与えにくい特徴があります。
またセットして髪型を整えるスタイルですから、セットに幅があって多少のアレンジも効きます。

ツーブロックは元気で積極的な印象を与えるのに最適で、営業マンに向いているといえるでしょう。
やり過ぎは逆に威圧感を与えてしまうので、顔とのバランスを考え、良い印象を与える長さや形に整えることが大事です。
ちなみに短めにすればセットが簡単になりますから、毎朝時間を掛けたくない男性におすすめします。

就活中のNGな髪型(男性編)

就活中にNGな髪型といえばやはり、清潔感を保つのが難しいロン毛です。
ロン毛は好みの問題ですが、髪質に仕方なく選ぶ髪型ではないので、就活中に面接で理由を追及されると困ることになります。
少なくとも、就活中は採用されることを重視して、清潔感を出す為に短めの髪型を選ぶのが無難です。

パーマは全てが駄目というわけではありませんが、強めに掛かけるのは言うまでもなくNGです。
理由は社会人よりも学生向きで、仕事をする髪型としてはおしゃれ過ぎるからです。
天然の場合は仕方ない部分もありますが、面接の度に毎回説明するのは手間ですから、天然パーマであれば矯正を考えた方が良いでしょう。

マッシュヘアは明らかに社会人に不向きな髪型で、スーツを着ていなければ一見して社会人だと分かりにくいです。
比較的理解のある企業なら許容されるかもしれませんが、面接を受ける企業が理解してくれるとは限らないので、基本的に就活中は避けるべきです。

男性が髪型と一緒に気をつけたいポイント

男性が髪型について気をつける時は、一緒に他の部分も気をつけることが肝心です。
眉毛のお手入れは髪型に合わせて整えますが、極端に短く整えたり、輪郭を出して形を出すのは避けたいところです。
やり過ぎると威圧感を与え兼ねないので、眉毛も髪型同様にナチュラルに仕上げるのが正解です。

肌のお手入れは、おでこや耳を出して露出する肌面積が大きい短めの髪型を選ぶ場合に特に重要です。
肌が荒れていると、折角髪型を整えても清潔感が半減してしまうので、肌荒れやくすみはNGです。
化粧水で潤いを与えたり、クリームなどで水分を逃さないように、毎日のこまめなお手入れをおすすめします。

髭のお手入れは男性なら当然ですが、伸びっぱなしの無精髭がNGなのは言うまでもなく、あご髭なども注意が必要です。
髭は女性ウケしにくい部分で、同性の男性であってもしっかり整えていないと受け入れがたい傾向があります。
その為、毎朝剃るのが基本となりますが、髭スタイルを楽しむにしても、客観的にどう見られるか考えて形を決めたり毎日お手入れすることが不可欠です。

就活中に好印象な女性の髪型とは?髪型のポイントやおすすめのヘアスタイル

就活中の髪型のポイント(女性編)

就活中は第一印象が非常に重要となるので、好印象を与える髪型やメイクなど身なりを見直すことが大切です。
そこで就活中の女性の髪型のポイントとして挙げられるのが、「おでこと眉が見える」ことにあります。普段前髪のある髪型をしている方は多いですが、眉毛に前髪がしっかりかかっている状態では顔全体が見えにくくなるので、表情が読み取りにくくなり面接官に暗い印象を与えてしまう恐れがあります。おでこと眉がきちんと見えるように、前髪を切りそろえるかセンターや横に分けるようにすることがポイントです。
職種に合わせた髪型を意識することが大切ですが、「髪色は黒」であることも重要で、明るい髪色はビジネスシーンにはふさわしくないという印象を与えるので、現在カラーリングをしており髪色が明るいなら黒く染めることをおすすめします。
「耳や輪郭がしっかり見える」ことも重要で、耳を出すことで顔全体が見えてすっきりとした印象になります。束ねきれなかった顔周りの毛はヘアピンやスプレーで固定しセットすることが大切で、この時使用したヘアピンやゴムをできるだけ見えなくする工夫をしましょう。

おすすめの就活ヘアスタイル(女性編)

就活中の女性におすすめするヘアスタイルは、ロングヘアの場合は髪を後ろで1つにまとめる「ポニーテール」がおすすめです。ただし高い位置のポニーテールは子供っぽい印象を与える原因となるので、束ねるときのポイントとしては耳と同じ位置または耳寄り低い位置で束ねると落ち着いた仕上がりになります。
また長い髪をしっかりまとめたいならアップスタイルで「お団子」にしてしまうのもおすすめです。結んだ毛束にワックスをつけてクルクルとねじり結び目に巻き付ければすっきりとまとまるお団子に仕上がります。仕上げにアメピンを数本使用すればしっかり固定できるので、お団子から短い毛が出てくる場合にはUピンやハードスプレーで固定すればきれいな仕上がりになります。
ミディアムショートの方は、顔周りをすっきり見せることができる「ハーフアップ」がおすすめです。この髪型はふんわり仕上げるより固めに仕上げることが重要で、耳が出やすくお辞儀をした後のスタイルも美しい状態が保てます。

就活中のNGな髪型(女性編)

就活中の女性で気をつけるべきNGな髪型には、「派手な髪色」が挙げられます。普段は明るめのカラーリングをしているという方は多いですが、就活を行っている間はビジネスシーンに適した髪色を維持するためにもできるだけ暗めの色に染め直すことをおすすめします。地毛が明るい人はわざわざ黒く染める必要はありませんが、公務員や医療職など髪色に厳しい企業もあるので注意しましょう。
「過度なパーマ」もNGな髪型の1つで、パーマはビジネスシーンにふさわしくないと判断されがちですし、パーマをかけると髪が傷みやすいので見た目で清潔感がなくなってしまいます。就活は清潔感が非常に重要なポイントとなるので、パーマなど派手な印象を与えない髪型にすることが大切です。
「セットが不十分」な場合も清潔感がない印象を与えがちなので、髪型が崩れないようにセットをする際にはハードスプレーやヘアピンなどでしっかり固めるなど対策をとるようにしましょう。

女性が髪型と一緒に気をつけたいポイント

就活中の女性は髪型と一緒に気をつけるべきポイントとしてメイクが挙げられます。社会人にとってメイクは身だしなみの1つなので、可愛く・綺麗に見せる従来のメイクではなく、就活用のナチュラルメイクを行うようにしましょう。ベースとなるファンデーションは肌色・肌質にあわせて選ぶことが大切ですし、唇には唇の色に馴染むピンク系のリップを選ぶことで、血色感が出て健康的に見える効果が得られます。
口紅は自分の肌色に合うものを選ぶことが重要となるので、自分の肌に同化してしまわず健康的な赤みが出るものを選ぶことがポイントです。購入時には手の甲など自分の肌に試し塗りをして発色を確認しましょう。
眉は顔の印象を大きく左右する部分なので、パウダータイプとペンシルタイプのアイブロウを併用すると失敗がしにくいです。自然な眉毛の形を作るコツは、眉頭は目頭の延長線上、眉山は目尻の延長線上、眉尻は小鼻と目尻をつないだ延長線上の3つのポイントを押さえると自然な形に仕上がります。